人工衛星の落下予報・光学観測

アクセスカウンタ

zoom RSS H2Aロケット 21号機のデュアルロンチ用フェアリングがマイナス1等級のフレアを起こす

<<   作成日時 : 2017/03/26 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「しずく」などを打ち上げたH2Aロケット21号機の下部フェアリング(アダプタ部)が明るいフレアを起こしたので紹介します。

H2Aロケットで使用できるフェアリングは、三菱重工のホームページによると、シングルロンチ用が4Sと5Sの2種類、デュアルロンチ用が4/4D-LCと4/4D-LSの2種類で合計4種類。川重のページでは、デュアルロンチ用として5/4Dも掲載され、合計5種類。

これまで、4/4D-LS と5/4Dは使用実績がありません。33号機までの内訳は、4Sが21機、4/4D-LCが7機、5Sが5機、となっています。

4/4D-LCは、いわば2階建てのフェアリング。上部は海に落下しますが、下部は周回軌道に入り、SPACE‐TRACKのカタログに掲載されます。

4/4D-LCフェアリングが使用されたのは、2、3、5、6、12、21、22号機。ただし、6号機は指令破壊。
5、6、12、22号機はペイロードが軌道要素未公表の衛星のため、ここでは取り上げません。

残るは3機。以下、フェアリング内の上部/下部。

2号機:DASH/つばさ
3号機:USERS/こだま
21号機:KOMPSAT-3/しずく・SDS-4・鳳龍弐号

今回紹介する21号機の下部フェアリングに関連する部分を、打ち上げシーケンス(実測値)から拾ってみると

16分3秒:KOMPSAT-3分離
19分8秒:下部衛星フェアリング分離(アダプタ部)
19分13秒:下部衛星フェアリング分離(シリンダ部)
22分59秒:しずく分離

上部の衛星が搭載されているアダプタ部がまず分離し、次にシリンダ部がパッカンです。つまり下部フェアリングからは、3個の物体が発生します。

21号機では、2012-025F(38345)、025G(38346)、025H(38347)の3個。カタログでは3個とも「H-2A DEB」と表記されているので、どれがアダプタ部でどれがシリンダ部か分かりません。
しかし、デブリHだけ初期の軌道要素が僅かに異なるため、これがアダプタ部であろうと推測できます。

また、実際に可視パスを観察しても、Hと他の2物体の違いは明らかです。FとGは見事な明滅をするのに対し、Hは明滅をしません。

そもそも、今回の撮影の動機は、F・GのペアとHの見え方の違いを紹介する記事でも書こうかなと思い、イリジウムネクストの撮影のついでに「デブリHの変光しない様子」を撮っておこうというものでした。

ちなみに現在も軌道上にある下部フェアリングは、今回の21号機以外では、2号機のみ。軌道要素未公表の物体を含め、他は全部再突入。

そして、2号機では、アダプタ部とシリンダ部がカタログ名で明確に区別できます。アダプタ部に「VEP-3」というペイロードが結合しており、そのカタログ名が「DASH/VEP 3」となっているためです(DASHはアダプタからの分離に失敗した高速再突入実験機)。

以下は動画の説明。

明け方の東の空で日照条件はよくありません。南行パス。
開始14秒で最も明るくなります(マイナス1等級)。この時の画面で右上にある輝星はへびつかい座47番星(HR6493)で4.5等級。

その後、減光していきますが、開始25秒で6等級の衛星とすれ違います。Meteor2-6ロケット(SL-3R/B、11963)です。最接近時の両衛星の離角は約20分角。もっとも、この時のデブリHの高度は644q、Meteor2-6ロケットの高度は822qなので、あくまで見かけ上のもの。

さらに、もう5秒だけ辛抱して観ていただくと、画面右上にもう一つ6等級の衛星が北行していきます。これは「DMSP5CF1」(7411)という米国の国防気象衛星です。
短時間に2つの衛星とすれ違うという、にぎやかなビデオになりました。

WAT-902H2 ULTIMATE , Nikon 105mm F1.8
画質720Pで再生して下さい。


これぞ、サテライトウオッチングの醍醐味。
そして、「予断を持たずに、どんな衛星でもとにかく観察・撮影してみること。何が起きるか分からない」ということを再認識した次第。

※このブログの更新はツイッターでどうぞ
 http://twitter.com/keck2keck2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
H2Aロケット 21号機のデュアルロンチ用フェアリングがマイナス1等級のフレアを起こす 人工衛星の落下予報・光学観測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる