人工衛星の落下予報・光学観測

アクセスカウンタ

zoom RSS 動画アップ 神舟11号の軌道モジュールが火星と海王星の間を通過 いつまで軌道に留まるか

<<   作成日時 : 2017/01/06 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国の有人宇宙船「神舟」は、帰還モジュールが地球に帰還後も、軌道モジュール部分はしばらく軌道に残り、各種の無人実験等を行うことができるという点が非常に特徴的です。

天宮2号に二人の飛行士を運び、11月18日に帰還した「神舟11号」の軌道モジュールも周回を続けております。

なお、カタログでは、SHENZHOU-11(41812,2016-061A)は11月18日にDECAYの扱いとなっており、軌道モジュールは、新たに「SHENZHOU-11 MODULE」として、No41868、識別符号2016-061G が付与されています。

今夕、火星と海王星の間を通るパスがありましたので、撮影してみました。
画面左上が火星、中央の輝星がみずがめ座λ星(3.8等)。画面下に海王星も写っていますが、You Tube の画面ではちょっと厳しいです。

WATEC WAT-902H2 ULTIMATE , Nikon 50mm F1.4
画質720Pで再生して下さい。



このモジュールが、いつまで軌道に留まるかは不明ですが、過去には神舟6号の軌道モジュールが2年半も留まった例があります。今回はどうなるでしょうか。

※このブログの更新はツイッターでどうぞ
 http://twitter.com/keck2keck2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
動画アップ 神舟11号の軌道モジュールが火星と海王星の間を通過 いつまで軌道に留まるか 人工衛星の落下予報・光学観測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる